■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
沖縄県民は、 いつまで「補助金あさり」を続けるのか!
129 名前: ちゅらさん 投稿日: 2011/12/29(木) 09:18:16 ID:j4W8kp1g [ p0179-ipad01yosemiya.okinawa.ocn.ne.jp ]
>>128
『在沖海兵隊の移転先、一時北海道と九州検討 米国総領事が明らかに2006年9月9日
 ケビン・メア在沖米国総領事は8日、那覇市内で講演し、米軍再編協議で削減が合意された在沖米海兵隊約8000人の移転先について「北海道と九州、グアムの3つの選択肢を検討した」と述べ、在沖米海兵隊の本土移転も日米両政府間で検討していたことを明らかにした。その上で九州への移転について「たぶん日本政府で受け入れる所がなかった」と指摘し、日本側の消極的な姿勢で本土移転は消え、グアムが移転先に決まった経緯を説明した。』

海兵隊本土駐屯を握りつぶした当時の政権はその場しのぎである。
「本土に海兵隊を駐屯させると大騒ぎになる」のが怖かったのが明白である。

1兆円を超える思いやり予算を投入し、グアムへハブ基地を建設して日本に何の
メリットがある?
国家間緊張の高まる南西海域の防衛を支えるハブ基地は、縦深性を備える本土に
あるべきなのである。

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05